ガス料金が高すぎる!会社と使用法を見直しましょう

subpage01

家庭で使用するガス料金は一般家庭で年間約10万円かかるものです。

ガス料金の情報サイトへお越しください。

特にプロパンガスは割高に感じることも多く、都市ガスが公共料金であるのに対して、プロパンガスは任意に料金設定でき、割高な価格設定の場合があります。


都市ガスが1?あたり150円に対し、プロパンガスは約2倍の料金です。

体積当たりの熱量はプロパンガスは高いので当然かもしれませんが、1?あたり300円以上であった場合は、ガス会社を見直すことで安くできる可能性があります。
ガス料金には基本料金が毎月かかっています。

請求金額から基本料金を引き、使用量(10?など)で割るとガス単価を算出できます。
いくら自由設定できる価格であっても、これが300円以上、あるいは何倍にもなっていたらガス会社の変更を検討していいと考えます。
適正なガス料金価格であって、それでもガス料金を下げたいと考えるなら風呂とキッチンの2箇所の節約を考えましょう。



風呂フタこまめな開閉で冷めにくくなり、年間でかなり節約できます。

当然ですが追い炊き回数を減らすと節約でき、家族が多い場合、連続で入浴するようにするとかなりのガス代節約につながります。

また家族が多ければ、シャワーで済ますより風呂にお湯をためて浸かったほうが断然ガス代の節約になります。

シャワーを使うときは節水シャワーヘッドを活用すると、ガス代もお湯も節約できます。

キッチンではコンロなどを使うときは、炎は中火で使用すると節約になります。


更にシュウマイやギョーザなど、蒸す料理はあらかじめ電子レンジで熱を加えておくと、内部の加熱が早くなりガス代の節約になります。



また揚げ物は加熱油で行ったほうが美味しいと思われているかもしれませんが、電気式の調理器具を使用すれば、ガス代も油代も節約につながります。
このようにガス代はさまざまな方法で節約が可能です。
あらゆる方法で出て行くエネルギーや費用を抑えることにつなげていきましょう。

ガス料金の専門知識

subpage02

ガス料金は原子力発電の比率が低下したことなどが原因で、かなり高い状態が続いています。しかし、工夫をするとガス料金を安くすることは可能で、光熱費の削減に大きく貢献します。...

NEXT

ガス料金の驚く情報

subpage03

近年様々なインフラで自由化が進んでおり、ガスも2017年から契約する会社を選ぶことができるようになりました。電気を提供している会社はたくさんありますが、ガスを提供している会社はまだそこまで多くありません。...

NEXT

ガス料金の皆が知りたい情報

subpage04

ガス料金は一般的に使えば使うほど高くなりますが、そのガスの種類によっても大きく変わります。その種類は都市ガスとプロパンガスに分けられ、その材料の違いから都市ガスの方が安価になりやすいです。...

NEXT

ガス料金の情報まとめ

subpage04

住宅の中で一番ガスを使う場面はお風呂と言えます。毎日のように大量のお湯を沸かすことからガスの使用量が増えるので、お風呂の使い方を気をつけることでガス料金を抑えることにつながるでしょう。...

NEXT