ガス料金とその種類及び原材料

subpage01

ガス料金は一般的に使えば使うほど高くなりますが、そのガスの種類によっても大きく変わります。


その種類は都市ガスとプロパンガスに分けられ、その材料の違いから都市ガスの方が安価になりやすいです。

都市ガスの方がプロパンガスよりも安価になりやすいのは原材料に起因するところがあります。
都市ガスはそのガスの原材料が液化天然ガスであり輸入しやすいことがありますので、必然的に燃料の購入コストが安価になっています。


一方プロパンガスはその材料として原油であり、中東などから輸送するコストや現地の治安等の問題で高値になりやすいといわれています。
こうした違いからガス料金に違いが出てきますので、特に賃貸物件を選ぶ際にはそのガス料金の基本として都市ガスの物件を選ぶとその後の出費が抑えられやすくなります。

ガス料金全般の一般知識を分かりやすく紹介いたします。

ただし都市ガスの場合は専用のガス管が必要で入居する物件に都市ガスのパイプが敷設されていなければ利用することは出来ません。



近年において建築された物件の場合は都市ガスの可能性がありますが、昔ながらの地域の場合はプロパンガスしか利用が出来ないことも多いです。入居する際にはこうした違いの他にも留意すべき点としてコンロがあります。



ガスコンロも都市ガス専用のものかあるいはプロパンのものかで違います。


共通して使用することは出来ませんし、都市ガスの場合は取り付けも取り外しもガス会社の専門家による対応が必要なのに対して、プロパンガスは入居者でも可能です。